勉強会「災害時に役立つエネルギー、石油について考える」、東京会場・開催のお知らせ

3・11東日本大震災で電気・ガスが供給されなかった時、石油ストーブで暖をとることができました。一方、ガソリンが不足し、生活必需品が手元に届かず、大変不便な思いをした被災者がたくさんいらっしゃいました。改めて、エネルギー源の確保について考えるきっかけになったことと思います。
石油の基礎知識、石油の最新事情、環境などについて勉強しながら、災害とエネルギー、そして、その課題などについて考え、意見交換したいと思います。

■日 時:2015年3月25日(水) 14時30分~16時30分

■場 所:
主婦会館プラザエフ B2クラルテ

参加費:無料 ※お飲み物とお菓子をご用意いたします。
お申込みは不要です。お気軽にご参加ください。

■主 催:主婦連合会

プログラム
1.講演「私たちの暮らしと石油――東日本大震災の教訓を中心に」(60分)
   講 師 石油連盟 広報室長   中田 徹

2.家庭におけるベストミックスを考える(15分)
   講 師 主婦連合会 会長 山根 香織

3.ワークショップ(45分)

   ファシリテーター 主婦連合会 副会長 有田 芳子

お問合せ:主婦連合会  TEL 03-3265-8121 email: info@shufuren.net
※チラシはこちら → 勉強会「災害時に役立つエネルギー、石油について考える」東京会場チラシ