奥むめお 生誕120年記念シンポジウム「叩けば門はひらかれる」、開催のお知らせ

※本シンポジウムは、80名超の方々にご来場をいただき、盛況のうちに終了いたしました。

主婦連合会と主婦会館の創設者である奥むめおは1895年(明治28年)、福井に生まれました。今年10月、生誕120年を迎えることを記念して、記念のシンポジウムを開催いたします。どうぞ皆様お誘いあわせの上、ご参加ください。

~主婦連合会・主婦会館の創設者~奥むめお 生誕120年記念シンポジウム「叩けば門はひらかれる」
■日時:10月10日(土)午後1時半~4時半
■場所:主婦会館 地下二階 クラルテ
■プログラム
第一部
基調講演
「奥むめおにみる複合キャリアの形成~戦前の活動を中心として~」
講師 上村千賀子(群馬大学名誉教授)
 第二部
パネルトーク
「素顔の奥むめお~主婦連結成・「奥さん」国会へ」
コーディネーター 広岡 守穂さん(中央大学法学部教授)
パネラー 古川奈美子さん(『奥むめおものがたり』著者)、奥利江さん(主婦連合会常任幹事)、清水鳩子さん(主婦会館理事長)

特別上映会
記録映画「台所と政治」(30分バージョン)
シンポジウム終了後、午後4時45分~5時15分(会場は同じです)

※チラシはこちら → 奥むめお 生誕120年記念シンポジウム「叩けば門はひらかれる」チラシ