[
.メインメニュー

.

申し入れ・要望

《申告書》
2007年9月13日

《公正取引委員会  宛》


 

 「野菜1日 これ1本」(カゴメ株式会社)、「1日分の野菜」(株式会社伊藤園)、「1日分」(日本生活協同組合連合会)という名称でジュースが販売されています。

 これらの容器に書かれている表示は下記の通りです。


◆ 「野菜1日 これ1本」(カゴメ株式会社)

・ 1日分の野菜350g分使用(25種類)

・ 厚生労働省が推進する「健康日本21」は野菜を1日350g以上摂ることを推奨しています。「野菜1日これ1本」は、栄養のバランスに配慮して350g分の野菜を使用しています。忙しくて野菜がなかなか摂れない方に最適な野菜飲料です。

・ 食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

・ 品名 野菜ミックス濃縮ジュース


◆ 「1日分の野菜」(株式会社伊藤園)

・ 1本で野菜350g分使用(25種類の野菜)

・ 厚生労働省の推奨する野菜の摂取量は1日350gです。平成16年国民栄養調査の結果では、1人当たりの1日の野菜摂取量は約270gで、約80g不足しています。当商品は、1日の野菜350gを使用し、ぎゅっと濃縮して仕上げています。野菜をしっかり食べる事が理想的ですが、不規則な生活で、野菜が不足しがちな方に「1日分の野菜」をお奨めします。

・ 品名 にんじんミックスジュース


◆ 「1日分」(日本生活協同組合連合会)

・ 21種類、350gの野菜を使用

・ 1日の野菜摂取目安量といわれる約350gの野菜を搾り、1缶に濃縮しました。野菜のほのかな甘さと濃厚さをお楽しみください。

・ 厚生労働省が推進する「健康日本21」は、1日350g以上の野菜摂取を推奨しています。

・ 名称 野菜ミックスジュース


 これらは、さまざまな容量の容器(280g、200g、160gなど)がありながら「野菜1日 これ1本」「1日分の野菜」「1日分」の名称を使用しており、消費者が混乱することが考えられます。例えば伊藤園の「1日分の野菜」で、紙パック入200g、ペットボトル入280g、缶入190gが販売されています。

 これは、消費者を誤認させるものであり「不当景品類および不当表示防止法」第4条に違反すると考えます。公正取引委員会がこれらを調査し、排除措置を採られることを求めます。なお、調査の結果をご連絡いただきたく、お願いいたします。


[ 参考 ]

 いずれも、これらのジュースは1杯(本・缶)飲むことで厚生労働省が推奨している1日約350gの野菜を摂取できるような印象を与えていますが、実際の摂取量は期待される値より下回ることが、名古屋市消費生活センター18年度の商品テスト結果から明らかとなっており(http://www.seikatsu.city.nagoya.jp/test/shibai/yasai.pdf・資料別添)、2000年には国民生活センターが「“野菜が手軽に採れる”とした表示には問題がある」(http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20001106_1.html・資料別添)としてメーカーに改善要望を出していますが改善されていません。                                    

以上

プリンタ出力用画面
前のページ
[2007年10月5日]《BSE全頭検査と自治体の自主検査の継続を求める声明》
コンテンツのトップ 次のページ
[2007年9月5日]《要望書》


. .