[
.メインメニュー

.

申し入れ・要望

≪飲酒・喫煙年齢の18歳への引き下げに強く反対します!≫

2015年9月7日

≪自民党総裁 宛≫
≪自民党 成年年齢に関する特命委員会 委員長  宛≫

日本禁煙学会
全国禁煙推進協議会
タバコ問題首都圏協議会
全国禁煙推進医師歯科医師連盟
たばこと健康問題NGO協議会
公益社団法人全国結核予防婦人団体連絡協議会
    

日本アルコール関連問題学会
日本アルコール看護研究会
一般社団法人アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会
特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
イッキ飲み防止連絡協議会
AKK(アディクション問題を考える会)
公益社団法人全日本断酒連盟
一般財団法人日本禁酒同盟
日本禁酒禁煙協会
公益財団法人日本キリスト教婦人矯風会
     

主婦連合会

貴党の成年年齢に関する特命委員会が、成人年齢を「18歳以上」に改めるに当たり、飲酒・喫煙の解禁年齢も現行の「20歳」から「18歳」に引き下げるよう政府に求める方針を固めた、との報道がありました。

飲酒・喫煙年齢の引き下げは、依存症や生活習慣病・がんなどの「健康リスク」、ならびに事故・暴力・非行などの「社会問題リスク」を高めるとともに、「学校現場に混乱」をもたらし、「世界の公衆衛生対策の流れにも逆行」する非常に危険な判断です。実際に、年齢引き下げを実施した国ではこれらの問題の増大に直面し、再度年齢を引き上げた国すらあります。(詳しくは、別紙の解説をご参照ください

私たちは、この方針に強く反対し、飲酒・喫煙の解禁年齢は成人年齢とはリンクさせずに、現状どおり20歳とすることを強く求めます。
将来に禍根を残さない賢明な判断をお願いします。


 



≪飲酒・喫煙年齢の18歳への引き下げに強く反対します!≫

2015年9月7日

≪公明党常任役員会代表 宛≫

日本禁煙学会
全国禁煙推進協議会
タバコ問題首都圏協議会
全国禁煙推進医師歯科医師連盟
たばこと健康問題NGO協議会
公益社団法人全国結核予防婦人団体連絡協議会
    

日本アルコール関連問題学会
日本アルコール看護研究会
一般社団法人アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会
特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
イッキ飲み防止連絡協議会
AKK(アディクション問題を考える会)
公益社団法人全日本断酒連盟
一般財団法人日本禁酒同盟
日本禁酒禁煙協会
公益財団法人日本キリスト教婦人矯風会
     

主婦連合会

自民党の成年年齢に関する特命委員会が、成人年齢を「18歳以上」に改めるに当たり、飲酒・喫煙の解禁年齢も現行の「20歳」から「18歳」に引き下げるよう政府に求める方針を固めた、との報道がありました。

飲酒・喫煙年齢の引き下げは、依存症や生活習慣病・がんなどの「健康リスク」、ならびに事故・暴力・非行などの「社会問題リスク」を高めるとともに、「学校現場に混乱」をもたらし、「世界の公衆衛生対策の流れにも逆行」する非常に危険な判断です。実際に、年齢引き下げを実施した国ではこれらの問題の増大に直面し、再度年齢を引き上げた国すらあります。(詳しくは、別紙の解説をご参照ください

私たちは、この方針に強く反対し、飲酒・喫煙の解禁年齢は成人年齢とはリンクさせずに、現状どおり20歳とすることを強く求めます。
自民党特命委員会に対しても再考を求める要望を提出しましたが、与党である貴党におかれても、将来に禍根を残さない賢明な判断をお願いします。



≪飲酒・喫煙年齢の18歳への引き下げに強く反対します!≫

2015年9月7日

≪内閣総理大臣 宛≫
≪内閣府特命担当大臣  宛≫
≪厚生労働大臣 宛≫
≪文部科学大臣 宛≫
≪法務大臣 宛≫
≪財務大臣 宛≫
≪警察庁長官 宛≫

日本禁煙学会
全国禁煙推進協議会
タバコ問題首都圏協議会
全国禁煙推進医師歯科医師連盟
たばこと健康問題NGO協議会
公益社団法人全国結核予防婦人団体連絡協議会
    

日本アルコール関連問題学会
日本アルコール看護研究会
一般社団法人アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会
特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
イッキ飲み防止連絡協議会
AKK(アディクション問題を考える会)
公益社団法人全日本断酒連盟
一般財団法人日本禁酒同盟
日本禁酒禁煙協会
公益財団法人日本キリスト教婦人矯風会
     

主婦連合会

自民党の成年年齢に関する特命委員会が、改正公職選挙法の成立で選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられることを踏まえ、民法上の成人年齢を「18歳以上」に改め、飲酒・喫煙の解禁年齢も現行の「20歳」から「18歳」に引き下げるよう政府に求める方針を固めた、との報道がありました。
飲酒・喫煙年齢の引き下げは、依存症や生活習慣病・がんなどの「健康リスク」、ならびに事故・暴力・非行などの「社会問題リスク」を高めるとともに、「学校現場に混乱」をもたらし、「世界の公衆衛生対策の流れにも逆行」する非常に危険な判断です。実際に、年齢引き下げを実施した国ではこれらの問題の増大に直面し、再度年齢を引き上げた国すらあります。(詳しくは、別紙の解説をご参照ください
私たちは、この方針に強く反対し、飲酒・喫煙の解禁年齢は成人年齢とはリンクさせずに、現状どおり20歳とすることを強く求めます。
同党特命委員会に対しても再考を求める要望を提出しましたが、日頃よりタバコ・アルコール問題に取り組む関係省庁におかれても、適切な対応をお願いします。


 



PDFはこちら
プリンタ出力用画面
前のページ
緊急声明 安全保障関連法の強行採決は断じて許せません 廃案を求めます!
コンテンツのトップ 次のページ
世論を無視した原発再稼働に対し断固抗議します


. .