[
.メインメニュー

.

申し入れ・要望

《イラク攻撃に対する抗議書》
2003年3月19日

《内閣総理大臣 小泉 純一郎、アメリカ合衆国 ブッシュ大統領  宛》


 
小泉首相がアメリカの決断支持を表明したことに、怒りを覚え、強く抗議します。

 アメリカの武力行使を支持し、国際協調を断念することは、平和憲法を持ち、二度と戦争はしないと誓った日本が許されることではありません。

 ブッシュ大統領が世界各地での『戦争反対』の世論を踏みにじり、国連の承認なしに、イラク攻撃に踏み切ることに、強く抗議します。今、この時に、同じ空の下でイラクでは何の罪もない子どもたちや女性をはじめ大勢の人々が、明日にも命を奪われる運命にあります。

 第二次世界大戦後、世界各国が長年かかって築きあげてきた国連のルールを踏みにじる暴挙を許すことはできません。世界唯一の被爆国であり、戦争で愛する家族や友人を失い、家を焼かれた私たちとしては、戦争には絶対に反対します。

プリンタ出力用画面
前のページ
[2003年4月17日]《「標準による消費者の利益を増進するコア・グループ」(NCOS)を特定非営利活動法人として認証しないよう求めます》
コンテンツのトップ 次のページ
[2003年4月17日]《通勤線駅構内での酒類販売中止を再度求める要望書》


. .