[
.メインメニュー

.

申し入れ・要望

《「米国産牛肉の特定危険部位混入」に関する要望》
2006年1月24日

《農林水産大臣 中川 昭一、厚生労働大臣 川崎 二郎、食品安全委員会委員長 寺田 雅昭、アメリカ大統領 ジョージ・ウォーカー・ブッシュ  宛》


 1月20日、アメリカから成田に到着した輸入牛肉から、特定危険部位の脊髄が確認され、原因はアメリカの検査官が特定危険部位の除去義務を認識していなかったとの報道に怒りを覚えます。

 除去が義務付けられている牛の脊髄が米国産牛肉に混入していたことは、アメリカの検査体制が極めて不十分なことを改めて明らかにしました。アメリカ政府に対し、強く抗議します。

 また、厚生労働省・農林水産省の査察もなんら役に立っていないことを示しており、消費者の不安感は高まっています。輸入のもう1つの条件である20ヶ月齢以下の牛肉検査についても信頼性を揺るがすものです。このように日本の消費者の信頼を裏切る事態になったアメリカ政府及び日本政府に対し、謝罪を求めるとともに、以下の点を要望します。

1.なぜこのように事態に至ったのか、消費者への情報開示を求めます。

2.昨年12月に輸入解禁され、1月20日に違反が発覚するまでの間に輸入された米国産牛肉を回収し、全て焼却処分することを求めます。

3.全頭検査が導入されるまで、米国・カナダ産牛肉の全面輸入禁止を求めます。

4.全国で公開討論会を開催し、消費者の意見を施策に反映させるよう求めます。


以上

プリンタ出力用画面
前のページ
[2006年3月17日]《子どもに飲酒の世界が楽しいものと印象づける販促活動に関する要望書》
コンテンツのトップ 次のページ
[2005年12月9日]《総合的事故防止策の構築を求める要望書〜〜松下石油温風機事故はなぜ防げなかったのか〜〜》


. .