[
.メインメニュー

.

申し入れ・要望

《アルコールCM全廃についての要望書》
1998年4月22日

《ビール酒造組合・日本酒造組合中央会・日本蒸留酒酒造組合等業界団体  宛》


 酒類飲料は、致酔性・依存症という特徴をもつ特別な商品です。

 過度の飲酒は、肝臓障害など多くの疾患の原因になったり、長期における飲酒はアルコール依存症にもなります。また、「イッキ飲み」「粗相コール」などで短時間内の大量飲酒による急性アルコール中毒で死亡者も出ています。また、未成年者の飲酒は増加する一方で、高校3年男子は3人に1人が月に1〜2回お酒を飲んでいる、男子はビール、女子は果物味の甘い酒を好んで飲んでいる、との報告もあります。

 主婦連合会は、他の媒体と比べ、テレビCMが若者に与えるインパクトは非常に強く、影響は大きいと考え、「酒とタバコのCMの実態と在り方」について調査しました。

 その結果、「お酒は20歳を過ぎてから」「お酒は20歳になってから」等、ほとんどがあいまいな表示であることが分かりました。そのような注意表示を一瞬、無言で流しても、未成年者飲酒防止に効果があるはずがありません。

 また、「からだにやさしい」「飲みやすい」等を強調したCMが多く、飲酒による妊婦への危険性・肝臓疾患・急性アルコール中毒・アルコール依存症等デメリットには一切ふれられていません。

 このようなCMが流れることは、酒類自動販売機で無差別、野放しに販売するのと同様で、未成年者の飲酒やアルコール依存症を増やす大きな要因となります。

 主婦連合会は、以下の事項を要望します。



アルコールの致酔性・依存症という特性を考慮し、酒類のテレビCMを全廃すること。

以上

プリンタ出力用画面
前のページ
[1998年5月8日]《国民生活安定のため、大幅な減税の実施、社会保障費削減の中止を求める要請書》
コンテンツのトップ 次のページ
[1998年3月17日]《家電リサイクル法についての要望〜特定家庭用機器再商品化法案(仮称)についての要望》


. .