《アメリカにおけるBSE発生に関して厳重な対処を要望します》

《アメリカにおけるBSE発生に関して厳重な対処を要望します》
2003年12月26日

《厚生労働大臣 坂口 力  宛》

 

 12月23日、アメリカ政府の発表でBSE患畜が発生したことが確認されました。

 カナダでの発生に続くアメリカの発生により、BSEの清浄国などあり得ないことが明確になり、あらためてBSEに対する厳しい対応の必要性が明らかになりました。

 現在、アメリカ産牛肉は輸入禁止となっていますが、主婦連合会は食の安全を確保するために、次のような対処を求めます。


1.アメリカ産牛の安全性が確認されるまで、アメリカ産牛肉・アメリカ産牛肉関連製品の全面輸入停止を徹底すること。

2.アメリカ政府に対し、日本で実施しているのと同様の全頭検査を求めること

3.輸入済みの在庫についても流通を停止し、全品回収すること

4.情報開示を徹底すること

以上