【ロビー展示】脱原発(NO NUKES)POSTER展

■こちらの展示は終了いたしました。

4月より、主婦会館1Fメインロビーでは「脱原発(NO NUKES)POSTER展」(http://nonukeart.org/)のwebsiteからダウンロードさせてもらったポスター(一部)を展示しています。

 

【ロビー展示】脱原発(NO NUKES)POSTER展_写真 【ロビー展示】脱原発(NO NUKES)POSTER展_写真 【ロビー展示】脱原発(NO NUKES)POSTER展_写真
 
「脱原発(NO NUKES)POSTER展」とは…

『毎年、文部科学省と経済産業省が主催して、「原子力ポスターコンクール」を開催しています。このコンクールでは、「将来の社会は原子力で支えられる」ことを前提としています。受賞作を見ると「クリーンな原子力」「ECO」という言葉が踊っています。政府は、原子力を「安全でクリーンなもの」として教えこもうとしているのです。(※2011年4月、原子力ポスターコンクールのサイトが突然削除されました。文部大臣も政務三役も何も言わず、何の反省もなく、ただ都合が悪いからと削除したようです。中略)

しかし、東電福島原発の事故でも明らかになったように、原子力発電は万一事故が起きた際は巨大な被害をもたらします。放射性廃棄物と半永久的に同居しなければならず、製造過程において二酸化炭素を放出することも知られています。原子力発電は、決して、私たちの未来を安心して託せるクリーンなエネルギーではありません。

私たちは、事実を知ることによって、その問題をどのように解決していくか、乗り越えていく術を考えることができるはずです。自然エネルギーには解決すべき課題も多いでしょう。しかし「原子力はクリーンだ」と教えられた子ども達の中から、「自分が自然エネルギーの研究者になって課題を解決しよう!」という子が育つでしょうか?

そこで私たちは、「原子力ポスターコンクール」に対抗して「脱原発ポスター展」を開催することにしました。自然エネルギーの多様な可能性を感じさせるものや、消費者が電力の選択ができる仕組みを分りやすく説明するものを募集します。集まったポスターは、クリエイティブ・コモンズのライセンスに基づき、誰もが自由に使えるものとします。デモに参加するときは、プリントして持っていってください。

今こそ、新しい社会を目指して一歩を踏み出すときなのだと私たちは考えています。』

以上、「脱原発(NO NUKES)POSTER展」ウェブサイト(http://nonukeart.org/first_of.html)より

 

ご来館の際はぜひご覧ください。

 

【ロビー展示】環境・交通・まちづくり市民フォーラム2015

持続可能な、まちづくりへ「公共交通+物流」未来への展望
共催:環境・交通・市民まちづくり市民フォーラム2015実行委員会、東京公害患者と家族の会、
NPO法人全国鉄道利用者会議、大気汚染測定運動東京連絡会、東京あおぞら連絡会ほか

主婦会館1Fメインロビーでは、3月1日(日)にテーマ「持続可能な、まちづくりへ『公共交通+物流』未来への展望」
で開催した「環境・交通・まちづくり市民フォーラム2015」に関する展示を行っています。

高齢化・人口減少時代における、環境にやさしい公共交通・物流の推進を図るためにも、
クルマから鉄道や舟運への転換であるモーダルシフトや、持続可能な移動手段としての
自転車走行空間が求められています。
また、東京という大都市自身が生み出している大気汚染物質PM2.5の問題は未だに解決していません。
公共交通を含めトラック運転者や物流を担う人材が減少する中、ライフラインを担う
物流や公共交通の重要性を社会全体で再認識する必要があります。
環境にやさしい交通輸送手段と連携した、まちづくりについて皆様と考える機会にしたいと思います。

ご来館の際はぜひご覧ください。

① ② ③

【ロビー展示】ヒロシマ・ナガサキを語り、受け継ぐ

12月1日(月)~主婦会館1階エレベーターホールでは、
「ヒロシマ・ナガサキを語り・受け継ぐ」をテーマにパネル展示を行っています。
ヒロシマ・バガサキの被爆体験を語り、後世に語り継ぐ活動を展開しているノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会の取組み,12月13日(日)主婦会館プラザエフで開催するヒロシマ・ナガサキを語り・受け継ぐつどい」の紹介をしています。
来年2015年は被爆70年を迎えます。NPT(核不拡散条約)再検討会議への行動をステップにして、核兵器が人類と共存できないことを、核兵器をなくすためにはどうしたらいいのか共に考え、歩んでいく輪を広げていきましょう。
ご来館の際は、ぜひご覧ください。

20141201

【ロビー展示】DV・トラウマによる傷つきと回復~NPO法人レジリエンスの活動紹介~

10月31日(金)~主婦会館1Fロビーでは、DVや虐待、モラルハラスメント、
その他様々な原因による心の傷つきのケアやトラウマについて情報を広げ、被害者の支援活動を行っている「NPO法人レジリエンス」に関する展示を行っています。
NPO法人レジリエンスの活動紹介をはじめ、DV(暴力)のチェックリスト、
共催で開催している「こころのcare講座」、ファシリテーター養成講座「こころのcare講座/デートDV版」、
描き表わすことで心の負担を減らし、本来の自分らしさを取り戻す「こころのcare☆アートセラピー」、
「キッズアートセラピー」の紹介をしています。
ガラスショーケースには、アートセラピーのワークで作ったさまざま感情を表現したマスク、
出版物(書籍)、講座の教材、やDV防止啓発のグッズなども展示しています。
ご来館の際はぜひご覧下さい。

201410313 201410312 201410311

2014年FASD啓発国際キャンペーン

■こちらの展示は終了致しました。

TOO YOUNG TO DRINK「アルコールによる
胎児への障害は100%予防できます」

妊娠中の飲酒は、出生異常と発達の障害を引き起こす要因になります。
妊娠中の飲酒が胎児にもたらす障害を「胎児性アルコール・スペクトラム障害(FASD)」と呼び、日本では調査がありませんが、アメリカでは一〇〇人に一人というデータもあります。
一九九九年に欧米の啓発団体が九月九日を「国際FASD啓発デー」に定め、キャンペーン活動を展開してきました。
二〇一四年の国際キャンペーンには、これまでに世界およそ三〇ヵ国の五〇団体(公的機関・研究所・大学・啓発団体・FASD家族団体など)が参加を表明し、日本からはアルコール薬物問題全国市民協会(ASK)と共に主婦連も参加しました。
キャッチフレーズは、「TOO YOUNG TO DRINK (飲むには早すぎる)」。ビジュアルはお酒の瓶に入った胎児です。
九月九日九時九分に、世界各地で、【このビジュアルを使った大きな垂れ幕を街頭に広げる→写真を撮る→ネット上にUPする】という街頭活動が行なわれ、主婦連とASKは渋谷駅前でこの街頭活動を行ないました。また、主婦会館一階のガラス窓に大きなポスターを貼り、来館者にリーフレットを配布しました。

20140909

【ロビー展示】 「子どもと携帯通信端末の良い関係を探る」

■こちらの展示は終了致しました。

主催:子育てグッズ&ライフ研究会(NACS東日本支部)

主婦会館1Fロビーでは、8月22日(金)から昨年12月に子育てグッズ&ライフ研究会(現役ママによる消費生活アドバイザーグループ)が調査した、子どもの携帯通信端末の利用に関する実態と意識調査結果のパネル展示を行っています。

現在、スマートフォンやタブレット端末といった持ち運びが自由な通信端末が普及し、子どもの通信環境に急激な変化が生じています。保護者は、子どもが携帯通信端末を利用する際、見守る責任があります。しかし、その変化に保護者が追いついていけない、子どもの方が利用について詳しくなり保護者は子どもがどのような使い方をしていいのかわからない、通信契約の仕組みの複雑さ、などさまざまな不安を抱えているのが現状です。
そこで、小学生の保護者に対して、調査を行い、その結果をふまえて保護者として子どもが携帯通信端末と良い関係を築くためにどうすべきかを検討しました。保護者・地域、や行政(学校)に向けての提言も行っています。

ガラスケースには、これまで子育てグッズ&ライフ研究会がさまざまなテーマで作製してきた小冊子や出版物を展示しています。
ご来館の際はぜひご覧ください。

20140502  20140801  20140803

【ロビー展示】:「防炎品」についてのアンケート調査結果

■こちらの展示は終了致しました。

共催:主婦連合会・(公財)日本防炎協会

主婦会館1Fロビーでは、5月30日(金)から昨年、主婦連合会で行った「防炎品」に関するアンケート調査結果のパネル展示を行っています。

住宅火災をはじめ「着衣着火事故」も多く発生しています。ますます進む高齢化社会において、いかに火災を防ぐかは緊急の課題です。対策の一つとして、着火しにくく燃え広がらない「防炎品」があります。防炎品は、繊維の燃えやすい性質を改良し、燃えにくくすることによって、繊維製品がもととなって広がる火災を予防することを目的として開発されました。

消防法に位置づけられた「防炎規制」において、燃えにくい性質のことを「防炎性能」、消防法に定められた防炎性能基準の条件を満たしたものを「防炎物品」と呼んでいます。この調査結果が活かされ、防炎品の普及や課題等の改善が進み、火災を予防する環境づくりに少しでも役立つことが出来れば幸いです。

ガラスケースには、実際の防炎製品(ふとん、枕、ブランケット、座布団、エプロン、アームカバー、トレーナー等の衣類、防災ずきん、カーテン、絨毯)等などを展示しています。
ご来館の際はぜひご覧ください。

P6020086 P6020084 P6020080

【ロビー展示】:携帯電話・スマートフォンの安心安全な使い方

■こちらの展示は終了致しました。

携帯電話・スマートフォンの安心安全な使い方
~青少年のICTリテラシー向上のための啓発・教育に関する取組・教材の紹介~


共催:(一社)モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)、安心ネットづくり促進協議会

主婦会館1Fロビーでは、4月2日(水)から「携帯電話・スマートフォンの安心安全な使い方」を
テーマに青少年の情報通信リテラシーの啓発と教育に関する展示を行っています。

携帯電話やスマートフォンなどによるモバイルインターネットは急速に普及し生活に欠かせない
重要な社会インフラになっています。

その反面、青少年が違法・有害情報に触れる可能性も高まっています。

3月、4月は卒業・入学シーズンとも重なり、青少年が携帯電話やスマートフォンを初めて契約する
機会も多いため、利用に関する正しい啓発・教育を受け、その利便性と共に危険性についても
理解することが大切です。

教育プログラムコンテンツ、インターネット利用に関する“家庭でのルール作り”、
“フィルタリング機能の普及促進”、“スマートフォン利用時の注意点”などのパネル展示、
ガラスケースには、教材、リーフレットなどを展示しています。

ご来館の際はぜひご覧ください。

コピー ~ R0011603  P4140075 P4140076

【ロビー展示】:環境・交通・まちづくり市民フォーラム2014

■こちらの展示は終了致しました。
公共交通の推進と物流の新たな可能性~PM2.5など汚染物質を減らすためにできること~

共催:環境・交通・市民まちづくり市民フォーラム実行委員会、東京あおぞら連絡会

主婦会館1Fロビーでは、2月23日(日)に「公共交通の推進と物流の新たな可能性」をテーマに
開催された「環境・交通・まちづくり市民フォーラム2014」に関する展示を行っています。

鉄道、舟運、自転車など公共交通の利用推進を図り、モーダルシフトにつながる物流と公共交通の
連携や混合輸送など、環境に優しい新たな移動の可能性について実例を紹介しています。

トラックや自動車による移動を減らし、PM2.5など微小粒子状物質などによる大気汚染を軽減
するための方策を多角的に探る機会にしたいと思います。

「歩くまち京都」を推進している京都市での路面電車(嵐電)による貨物輸送の取組みの紹介、
また、郊外型大型店による中心市街地商店街の衰退問題などライフスタイルの改善問題につながる、
クルマに頼りすぎないまちづくりを提案しています。

ご来館の際はぜひご覧ください。

P3040046 P3040057 P3040045

「人間奥むめおの軌跡」展

主婦会館プラザエフ三階の展示室で、主婦連初代会長奥むめおの生涯を辿る
「人間奥むめおの軌跡」展が始まりました。

この展示は、プラザエフの竣工を記念して1998年に開催された同名の
展示を縮小、再構成したもので、今後は常設の展示室として一般公開していきます。

本展示は、奥むめおの生涯を七つのテーマに分けて辿っていきます。

1.おいたち、家族、結婚子どもたちへ、                   1.2
涙ながらに、どこまででも上の学校へ行かせる
からしっかり勉強せよと口癖のように言った父、
和田甚三郎をはじめ、兄、和田欽二や夫、
奥榮一の写真など、奥むめおの家族の写真が
展示されています

2.新しい婦人運動の幕開け~
奥むめおの社会的な仕事の出発点といえる
婦人協会の活動に焦点をあてています。
日本女子大の先輩だった平塚らいてうの誘いを
きっかけに、市川房枝とともに参加し、女性解放を
目指して活発に活動しました。

3、暮らしに根づいた組織づくり                                                                                       3.4
それまで続けていた政治運動は必ずしも婦人
大衆の要望を満たすものではないと感じとり、
婦人にとって最も身近な問題をとりあげる、
家庭経済運動へと方向転換していく時期に
関する展示です。

4、働く婦人のための「家」づくり
女性のための施設をつくる活動に焦点を
あてています。
子供をかかえて働いていた経験から保育所の
必要性を痛感し、東京本所に婦人セツルメント
を開設したことを皮切りに、その後全国各地に
「働く婦人の家」が作られます。

5、「奥さん」国会へ                                                                                                              5
敗戦後女性も参政権を得て、ようやく政治の
世界に活動の場が出来るようになりました。
初の参議院議員選挙に出馬、当選した
奥むめおの、選挙運動と議員活動の写真を
展示しています。

 

 

 

 

 

6、家庭婦人の団結――主婦連と主婦会館                                                                 6
台所の主婦たちの声を政治に活かそうと結成
された主婦連、またその活動拠点がほしい
という悲願を具現化した(旧)主婦会館の
懐かしい写真が展示されています。

 

 

 

 

 

 

7、素顔の奥むめお                                                                                                            7
主婦連の新年会で春野鶴子副会長(当時)と
「皿回し」を披露する姿など、奥むめおの素顔
を垣間見ることができます。

 

                                                                                               

 

 

 

是非、ご来館の折りには展示室にお立ちよりください。

                                

 

 

 

 

 

 

                                

 

Compare cell phone plans and deals | Thanks to Best CD Rates, Conveyancing in London and Registry Software