【ロビー展示】脱原発(NO NUKES)POSTER展

■こちらの展示は終了いたしました。

4月より、主婦会館1Fメインロビーでは「脱原発(NO NUKES)POSTER展」(http://nonukeart.org/)のwebsiteからダウンロードさせてもらったポスター(一部)を展示しています。

 

【ロビー展示】脱原発(NO NUKES)POSTER展_写真 【ロビー展示】脱原発(NO NUKES)POSTER展_写真 【ロビー展示】脱原発(NO NUKES)POSTER展_写真
 
「脱原発(NO NUKES)POSTER展」とは…

『毎年、文部科学省と経済産業省が主催して、「原子力ポスターコンクール」を開催しています。このコンクールでは、「将来の社会は原子力で支えられる」ことを前提としています。受賞作を見ると「クリーンな原子力」「ECO」という言葉が踊っています。政府は、原子力を「安全でクリーンなもの」として教えこもうとしているのです。(※2011年4月、原子力ポスターコンクールのサイトが突然削除されました。文部大臣も政務三役も何も言わず、何の反省もなく、ただ都合が悪いからと削除したようです。中略)

しかし、東電福島原発の事故でも明らかになったように、原子力発電は万一事故が起きた際は巨大な被害をもたらします。放射性廃棄物と半永久的に同居しなければならず、製造過程において二酸化炭素を放出することも知られています。原子力発電は、決して、私たちの未来を安心して託せるクリーンなエネルギーではありません。

私たちは、事実を知ることによって、その問題をどのように解決していくか、乗り越えていく術を考えることができるはずです。自然エネルギーには解決すべき課題も多いでしょう。しかし「原子力はクリーンだ」と教えられた子ども達の中から、「自分が自然エネルギーの研究者になって課題を解決しよう!」という子が育つでしょうか?

そこで私たちは、「原子力ポスターコンクール」に対抗して「脱原発ポスター展」を開催することにしました。自然エネルギーの多様な可能性を感じさせるものや、消費者が電力の選択ができる仕組みを分りやすく説明するものを募集します。集まったポスターは、クリエイティブ・コモンズのライセンスに基づき、誰もが自由に使えるものとします。デモに参加するときは、プリントして持っていってください。

今こそ、新しい社会を目指して一歩を踏み出すときなのだと私たちは考えています。』

以上、「脱原発(NO NUKES)POSTER展」ウェブサイト(http://nonukeart.org/first_of.html)より

 

ご来館の際はぜひご覧ください。

 

【ロビー展示】ヒロシマ・ナガサキを語り、受け継ぐ

12月1日(月)~主婦会館1階エレベーターホールでは、
「ヒロシマ・ナガサキを語り・受け継ぐ」をテーマにパネル展示を行っています。
ヒロシマ・バガサキの被爆体験を語り、後世に語り継ぐ活動を展開しているノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会の取組み,12月13日(日)主婦会館プラザエフで開催するヒロシマ・ナガサキを語り・受け継ぐつどい」の紹介をしています。
来年2015年は被爆70年を迎えます。NPT(核不拡散条約)再検討会議への行動をステップにして、核兵器が人類と共存できないことを、核兵器をなくすためにはどうしたらいいのか共に考え、歩んでいく輪を広げていきましょう。
ご来館の際は、ぜひご覧ください。

20141201

【ロビー展示】DV・トラウマによる傷つきと回復~NPO法人レジリエンスの活動紹介~

10月31日(金)~主婦会館1Fロビーでは、DVや虐待、モラルハラスメント、
その他様々な原因による心の傷つきのケアやトラウマについて情報を広げ、被害者の支援活動を行っている「NPO法人レジリエンス」に関する展示を行っています。
NPO法人レジリエンスの活動紹介をはじめ、DV(暴力)のチェックリスト、
共催で開催している「こころのcare講座」、ファシリテーター養成講座「こころのcare講座/デートDV版」、
描き表わすことで心の負担を減らし、本来の自分らしさを取り戻す「こころのcare☆アートセラピー」、
「キッズアートセラピー」の紹介をしています。
ガラスショーケースには、アートセラピーのワークで作ったさまざま感情を表現したマスク、
出版物(書籍)、講座の教材、やDV防止啓発のグッズなども展示しています。
ご来館の際はぜひご覧下さい。

201410313 201410312 201410311

【ロビー展示】:「防炎品」についてのアンケート調査結果

■こちらの展示は終了致しました。

共催:主婦連合会・(公財)日本防炎協会

主婦会館1Fロビーでは、5月30日(金)から昨年、主婦連合会で行った「防炎品」に関するアンケート調査結果のパネル展示を行っています。

住宅火災をはじめ「着衣着火事故」も多く発生しています。ますます進む高齢化社会において、いかに火災を防ぐかは緊急の課題です。対策の一つとして、着火しにくく燃え広がらない「防炎品」があります。防炎品は、繊維の燃えやすい性質を改良し、燃えにくくすることによって、繊維製品がもととなって広がる火災を予防することを目的として開発されました。

消防法に位置づけられた「防炎規制」において、燃えにくい性質のことを「防炎性能」、消防法に定められた防炎性能基準の条件を満たしたものを「防炎物品」と呼んでいます。この調査結果が活かされ、防炎品の普及や課題等の改善が進み、火災を予防する環境づくりに少しでも役立つことが出来れば幸いです。

ガラスケースには、実際の防炎製品(ふとん、枕、ブランケット、座布団、エプロン、アームカバー、トレーナー等の衣類、防災ずきん、カーテン、絨毯)等などを展示しています。
ご来館の際はぜひご覧ください。

P6020086 P6020084 P6020080

【ロビー展示】:携帯電話・スマートフォンの安心安全な使い方

■こちらの展示は終了致しました。

携帯電話・スマートフォンの安心安全な使い方
~青少年のICTリテラシー向上のための啓発・教育に関する取組・教材の紹介~


共催:(一社)モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)、安心ネットづくり促進協議会

主婦会館1Fロビーでは、4月2日(水)から「携帯電話・スマートフォンの安心安全な使い方」を
テーマに青少年の情報通信リテラシーの啓発と教育に関する展示を行っています。

携帯電話やスマートフォンなどによるモバイルインターネットは急速に普及し生活に欠かせない
重要な社会インフラになっています。

その反面、青少年が違法・有害情報に触れる可能性も高まっています。

3月、4月は卒業・入学シーズンとも重なり、青少年が携帯電話やスマートフォンを初めて契約する
機会も多いため、利用に関する正しい啓発・教育を受け、その利便性と共に危険性についても
理解することが大切です。

教育プログラムコンテンツ、インターネット利用に関する“家庭でのルール作り”、
“フィルタリング機能の普及促進”、“スマートフォン利用時の注意点”などのパネル展示、
ガラスケースには、教材、リーフレットなどを展示しています。

ご来館の際はぜひご覧ください。

コピー ~ R0011603  P4140075 P4140076

【ロビー展示】:環境・交通・まちづくり市民フォーラム2014

■こちらの展示は終了致しました。
公共交通の推進と物流の新たな可能性~PM2.5など汚染物質を減らすためにできること~

共催:環境・交通・市民まちづくり市民フォーラム実行委員会、東京あおぞら連絡会

主婦会館1Fロビーでは、2月23日(日)に「公共交通の推進と物流の新たな可能性」をテーマに
開催された「環境・交通・まちづくり市民フォーラム2014」に関する展示を行っています。

鉄道、舟運、自転車など公共交通の利用推進を図り、モーダルシフトにつながる物流と公共交通の
連携や混合輸送など、環境に優しい新たな移動の可能性について実例を紹介しています。

トラックや自動車による移動を減らし、PM2.5など微小粒子状物質などによる大気汚染を軽減
するための方策を多角的に探る機会にしたいと思います。

「歩くまち京都」を推進している京都市での路面電車(嵐電)による貨物輸送の取組みの紹介、
また、郊外型大型店による中心市街地商店街の衰退問題などライフスタイルの改善問題につながる、
クルマに頼りすぎないまちづくりを提案しています。

ご来館の際はぜひご覧ください。

P3040046 P3040057 P3040045

【ロビー展示】福島の子どもたちによる絵本プロジェクト展示

■こちらの展示は終了いたしました。
主婦会館1Fメインロビーでは、10月21日(月)から福島の子どもたちによる絵本プロジェクトに関する展示を行っています。
今年三月、絵本作家と福島の子どもたちが協力しておはなしを考えるワークショップが行われました。
そこで、子どもたちが作ったストーリーを絵本作家が持ち帰り、絵本に仕上げたものを展示しています。
安心して小さな子どもが遊べる屋内施設の充実が望まれるなか、この企画は福島市の商店街の人たちの声から生まれました。
ご来館の際はぜひご覧ください。                                          
 

 

【ロビー展示】灯油に関する消費者の意識調査の結果報告

■こちらの展示は終了いたしました。
「灯油に関する消費者の意識調査」の結果報告

主婦会館1Fメインロビーでは、5月20日(月)から主婦連合会が昨年12月~今年1月に行った
「灯油に関する消費者の意識調査」に関する展示を行っています。
この調査は、灯油に関する消費者の意識や利用実態、課題等を知り、安全な使用やエネルギーの
安定供給等について考察し、関係機関への提言につなげることを目的として行いました。
展示ケースでは、石油に関するパンフレット、さまざまな種類の石油のサンプルなどを紹介しています。
ご来館の際はぜひご覧ください。

caseA  panelA  caseB

【ロビー展示】:「Support Our Kids~ひとりじゃないよ~」

■こちらの展示は終了しました。
「Support Our Kids~ひとりじゃないよ~」


主婦会館1Fメインロビーでは、3月10日(日)から東日本大震災児童自立支援プロジェクト
Support Our Kidsの活動紹介についての展示を行っています。

大惨事により多くの犠牲を生んだ2011.3.11の東日本大大震災から2年が経ちました。
被災地の復興にはまだまだ多くの問題点が解決されておらず、時間を要すると思われますが、
一方で復興に向けた明るい兆しも見えてきました。

Support Our Kidsは、海外ホームステイプログラムや、復興に向かう地元の魅力や誇りを
発信するCMづくり(完成したCMは映画祭へ出品)などの活動を通して被災地の子どもたちの
自立を支援し、未来への夢や希望、勇気を持って、復興の先頭に立つリーダに育っていくことを
支援するプロジェクトです。

次代の東北の復興を担う子どもたちの成長や変化、活動で得られた喜びや感謝の声をパネル、
映像、展示ケースで紹介しています。

ぜひこの機会にご覧ください。

P3130149P3130146P3130152

 

【ロビー展示】:脱原発ポスター展

脱原発を訴えるポスター展示

※1Fエレベーターホールへ移設しました。

福島第一原子力発電所の事故は、わたしたちに原発はひとたび事故が起きれば甚大な被害をもたらすということを痛感させました。放射性廃棄物や二酸化炭素も発生し、原発は決して私たちの未来を安心して託せるクリーンなエネルギーではありません。
ウェブサイト上で展開されている脱原発ポスター展(http://nonukeart.org/)には、国内外から様々なデザインのポスターが集まっています。これらのポスターはクリエイティブ・コモンズのライセンスに基づき、誰もが自由に使えるものとなっています。
今回は、数多くの作品の中から、ユニークで秀逸なデザインの作品を選りすぐり、プリントアウトして展示しています。また、ガラスショーケースには、ドイツから脱原発ポスターも展示しています。
バラエティーに富んだポスターの数々を、ぜひこの機会にご覧ください。

P2280133P2280132P2280129

Compare cell phone plans and deals | Thanks to Best CD Rates, Conveyancing in London and Registry Software