北ドイツ反原発アーカイブポスター、京都での展示のお知らせ

北ドイツ反原発アーカイブポスターが、主婦会館プラザエフでの展示後、京都でも展示されることになりました。

期間:4月29日(金)~5月22日(日)
時間:11時~18時(期間中無休)
会場:京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ
料金:無料
主催:京都造形芸術大学大学院/京都造形芸術大学文明哲学研究所
共催:主婦連合会/一般財団法人主婦会館、他


「百年の愚行展」開催概要
『百年の愚行』(2002年)、『続・百年の愚行』(2014年)、この2冊の書籍と本展覧会に込めたメッセージは「行動すること」です。21世紀になっても止む気配のない、狂気とも言える暴力、環境破壊、経済格差、民主主義の危機などを乗り越えるためには、一人ひとりが多様な意見に耳を傾け、自分自身の考えを培い、議論し、行動する必要があります。
 展覧会は、2冊の書籍に掲載した写真と、ドイツのゴアレーベンで繰り広げられた、核廃棄物最終処分場反対運動のポスターとで構成します(トークイベントあり。詳細は京都造形芸術大学のHPでご覧いただけます)。

(▲京都造形芸術大学サイトより)

(▲京都造形芸術大学サイトより)