【学習会】気候の危機は回避できるか? ~国連気候行動サミットの論点と日本の気候変動・エネルギー政策の課題

 9.20全世代グローバル気候マーチへのカウントダウン企画として、国連気候行動サミット(9/23ニューヨークで開催)の論点や日本の気候変動・エネルギー政策の課題について理解を深めるためのセミナーを開催いたします。ぜひご参加ください。
■プログラム(課題)
1.政府の気候変動政策「パリ協定と長期戦略」のポイント
環境省地球環境局総務課低炭素社会推進室

2.国連気候サミットの論点と日本の気候変動政策の課題
平田仁子(気候ネットワーク)
3.日本の気候アクション
日本の石炭火力問題と横須賀の裁判、グローバル気候マーチ ほか
 
■日時:2019年9月17日(火)14時~16時(開場13時30分)
■会場:主婦連合会会議室(主婦会館プラザエフ3階)
■参加費:無料 お申込みが必要です。
■主催:気候ネットワーク、主婦連合会、(一財)主婦会館
■共催:CAN-Japan、eシフト、グリーン連合、石炭火力を考える東京湾の会、公害地球環境問題懇談会
 
お申込み:こちらのお申込みフォームからお申込みください
 
チラシ(PDF)はこちら
 
「9.20全世代グローバル気候マーチ」とは…
来る9月23日にニューヨーク開催される国連気候行動サミットにあわせ、今、世界では大勢の市民が、パリ協定で定める「1.5℃目標」の達成に向けて、リーダーたちが気候アクションをとるよう声をあげています。スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさんも欧州からCO2を排出しない移動手段としてヨットでニューヨークに渡り、世界的な注目を集めています。9月20日には、ニューヨークだけではなく、世界規模での「全世代気候マーチ」が数百万人規模で実施される予定です。日本でも東京、愛知、大阪など10ヶ所以上で、学生主導の気候マーチが、全世代参加型で行われる予定です。
 
 

Follow me!

Both comments and pings are currently closed.