会長・副会長の紹介

(会長、副会長のご挨拶など)

いつも主婦連合会の活動へご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。
2019年6月5日の総会において、以下のとおり役員が選出され、それぞれ就任いたしましたことをご報告いたします。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

会 長  有田 芳子 (ありた よしこ)
副会長  柿本 章子 (かきもと あきこ)
副会長  平野 祐子 (ひらの ゆうこ)

 

会 長  有田 芳子○会長  有田 芳子 (ありた よしこ)

 会長として3期目を迎え、主婦連合会が社会から求められる姿と役割がどれだけ発揮できているかと自問自答しています。「くらし難さは政治の悪さから」とは、故奥むめお名誉会長の言葉です。物価、健康保険料などは上がり、年金は目減り、今年の10月に消費税率が10%になると、更にくらし難い世の中になります。
 これまで多様なステークホルダーで構成され、時間をかけ進められてきた規格化も、国際競争と科学の限りない進歩で、消費者の視点が忘れ去られ、消費者の意見を反映するような形では無くなりつつあります。昔ながらの偽装表示や企業の不正は後を絶ちません。食料・食の安全、マイクロプラスティック、気候変動などの環境問題、エネルギー問題など多様な問題も山積しています。
 消費者が自らの意思と判断で、良い食品や製品やサービスを選択するには、分かりやすく正しい情報(表示)が必要です。また、新しいサービスに対して、消費者は事業者や専門家と違い、情報力や交渉力では弱い立場にあり、いち早く問題点を明らかにし対応する消費者団体としての使命と役割が求められています。
 健全な消費者運動の継続のため、また、信頼をより強固なものにするため、昨年1年間検討してきました法人化を今年は行います。
 忘れてはいけない視点と、変化させなければいけない点を明らかにして消費者運動全体の健全化を目指したいと考えています。
 引き続きよろしくお願いいたします。

 

副会長  柿本 章子○副会長  柿本 章子 (かきもと あきこ)

 2期目を務めさせていただくことになりました。
 すさまじい勢いで普及、発達するインターネット、それに連なるスマート製品が世界を席巻しています。
 私たちの暮らしや消費の形が大きく変革するなかで、蓄積され続けている膨大な私たちの情報が保護され、安全で公正なデジタル市場となるためには? 日々の消費生活に密接にかかわる製品の生産・流通・消費が環境と社会に配慮されたものになっているのか? 脱原発を確実にするための省エネや再生可能エネルギーが普及するためには? など、2019年度の運動方針に沿って、「主婦会館プラザエフ」を拠点に、会員の皆さまと共に「誰一人取り残さない社会」を目指して、精一杯、活動していきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

 

副会長  平野 祐子○副会長  平野 祐子 (ひらの ゆうこ)

 政府はこの秋に消費税率を2%引き上げ、社会保障に充てると言っていますが、消費税率以上に収入が増えない状況で、脆弱な立場にいる人々の生活が益々苦しくなるのではないかと言われています。お互い様、お陰様でという意識も世の中から消えつつあり、AIロボットの導入で人を介することも減り、人と人との関わりが更に希薄になっています。なかなか減らない食品ロス、貧困による栄養失調、プラスチックごみ等による大気・海洋汚染と環境破壊等、今私たちを取り巻く環境は絶望的にも見えます。しかし、世の中の10%の人の考え方が変われば世の中は変わるそうです。10人中1人の意識を変える事で社会がよくなると強い意志で行動していきたいと考えています。皆様の変わらぬ支援、協力をお願いいたします。

 




歴代会長

奥 むめお 1948年~1989年
高田 ユリ 1989年~1991年
中村 紀伊 1991年~1995年
清水 鳩子 1995年~1999年
和田 正江 1999年~2003年
吉岡 初子 2003年~2005年2月
兵頭美代子 2005年2月~6月 (会長代行)
兵頭美代子 2005年6月~2008年6月
山根 香織 2008年6月~2015年6月
有田 芳子 2015年6月~現在