石油ストーブの使い方(2)…「暖をとる」とき

石油ストーブで「暖をとる」とき、なにげなく、こんなことをしていませんか? 忘れていませんか?

■外に干しても乾かないし冷えるから、でも・・・
 ・ストーブの近くで洗濯物を干すと、落ちて火災の原因になることがあります。
 ・火に直接触れていなくても、燃えるものがストーブの近くにあると、発火して火災につながることがあります。

■せっかく火がついているから、でも・・・
 ・ストーブをお料理や湯沸しに使っていると、鍋ややかんがひっくりかえり、中身がこぼれて、やけどをする原因となります。
 ・煮こぼれ等が火にかかり、一時的に炎が大きくなり火災に至ることがあります。

■離れていても火がつくの?
 ・スプレー缶には可燃性のガスが含まれているので、ストーブの近くでは使用はやめましょう。
 ・スプレー缶やカセットボンベをストーブの近くに置くと、中のガスが傍聴して、爆発することがあります。

■冬は体が大きくなる?
 ・寒いときには、たくさん着込んで着膨れしていることがあり、気づかずに、衣類がストーブに触れて、溶けたり引火することがあります。
 ・厚手の衣類や、毛足の長いものには注意しましょう。

■あったかくてボーっとしてきた?
 ・一酸化炭素中毒は死に至る場合があり、非常に危険です。
 ・窓を開けるなど十分に換気をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL