石油ストーブ

石油ストーブを消さずに給油したとき、カートリッジタンクのふたがきちんと閉まっていなかったため、漏れた石油にストーブの火が引火。また、石油ストーブに灯油と間違えてガソリンを給油したために出火するなど、石油ストーブが原因の住宅火災が起こっています。

【注意】
(1)石油ストーブに給油するときは必ず火を消すこと。
(2)カートリッジタンクのふたが完全に閉まっているかどうか確認すること。
(3)異常燃焼を起こすので、絶対にガソリンは入れないこと。

(製品評価技術基盤機構より)