【声明】《いますぐ臨時国会を召集し国民のいのちと暮らしを守るための施策を実行するよう求めます》

申し入れ・要望

下記声明を発表しました。

声 明

いますぐ臨時国会を召集し国民のいのちと暮らしを守るための施策を実行するよう求めます

主 婦 連 合 会

新型コロナの感染拡大は収束を見通せず、昨年春から続く“緊急事態”の長期化により、弱い立場にある国民はいよいよ追い詰められています。分断と孤立の中で困窮している国民の生活を直視し、いますぐ臨時国会を召集し、暮らしが立ち行かない人が速やかに救われる「公助」の充実、並びに、深刻さを増す医療現場への広い視野での支援のため、施策と予算の審議を開始してください。

長引くコロナ禍にあって、解雇が相次ぐなど、特に非正規労働者の多い女性および1人親世帯が大きな影響を受けています。困窮の度合いを増している女性の貧困、子どもの貧困の問題に今すぐに正面から取り組むべきです。人々の収入が減少し生活の危機にある今、国家財政によって、人々の尊厳ある生存を緊急的に支え、救済することは国の責任です。
施策の審議にあたっては、現行の制度の不備、使いにくさ等を改善する見直し、感染拡大の長期化による期間の見直しを、柔軟かつ遅滞なく実施してください。例えば、コロナ禍で収入が一定以上減った世帯向けの国民健康保険料の減免措置では、所得がゼロの人には納付義務が生じるといった矛盾が起きています。収入が途絶え困窮している人が対象になるよう見直すべきです。「生活困窮者自立支援金」については、「特例貸し付け」を上限額まで借りた世帯であること等の条件があり、返済できる見込みがないため貸し付け制度を利用していない最も困窮した人が制度を利用できないという不備があります。各種制度の利用要件について、実態に合った速やかな見直しが必要です。

今後もウイルスの更なる変異、あるいは未知のウイルスによるパンデミックは必ず起こります。緊急的取り組みにとどまらず、中長期戦略の構築についても、遅れることなく着手するべきです。困窮者を生み出さないよう格差是正を実現するための、税制を含むあらゆる角度からの政策の整備、並びに、パンデミック時に混乱のない検査体制、医療体制等、抜本的な戦略構築を強く求めます。

すべての国民の尊厳あるいのちと暮らしを支えることは、憲法の定める国政のつとめです。私たちは、「自助」を押し付けず、真に国民一人ひとりの命を大切にし、誰一人見捨てない政治を求めます。そのために国会において議論し、戦略を示し、実行して下さい。

                                     以 上